ブログ

ヘアケアvol.2

あきらめずにやっていただくと必ず髪の毛がかわっていきますよ・・・

武蔵小杉 美容室 ムーンサウス スタイリストの小山です。
ヘアケア第二弾更新していきたいと思います。
暖かい日が続きますね!
第一弾はさわりだけでしたが、今回は具体的にお話していきたいと思います。

今回はブローについてお伝えしていきます。
お風呂からでたら女性は先にスキンケアをされる方が大半と思います。その次に髪のトリートメントをつけている方が多いのではないかと思っております。髪は濡れてしまったらなるべくすぐにでも乾かしていただきたいです。
具体的に5分から10分の間で乾かしてほしいですね・・・。なぜ髪を早めに乾かしていただきたいのか、というと髪の毛を顕微鏡で見ると海苔巻きのような構造になっております。外側がタケノコの皮4枚から8枚に覆われているようになっております。そのタケノコの皮のようなものは水にぬれると開いた状態になるのです。
その皮はドライヤーで熱をあてをしていくことで閉じていくのですが、濡れたままの時間で放置しすぎるとそのまま開いた状態になってしまい、パサつき中にある良い成分が流出しやすくなってしまうのです。
なので濡れたらすぐに乾かしてほしいのです。
それでは本題の乾かし方についてご説明していきます。
使用されるドライヤーは二台ございます。
一つ目は大きいドライヤーと二つ目はクルクルドライヤーの二台です。
まず初めは大きいドライヤーを使います。濡れた状態の髪の毛は非常に弱い状態になっておりまして、なるべく遠目からあてていただきたいです。利き手ではない手を大きく広げて地肌に指の腹をつけて、バイバイするように振りながら乾かしていただきたいのです。その時に指の第二関節にドライヤーの熱を充てるのですがそのままあててしまうと熱いので、こぶし二個分は離してあてていただけるとよいと思います。
どこからあてるべきなのか疑問に思う方もいらっしゃると思いますが、癖が強い部分を前髪、気になるところから行うことが最優先です。ない方は前髪から行うのがおすすめです。
ドライヤーは余熱で乾いていきますので、まんべんなくいろんなところを5秒ごとにバランスよく乾かす場所、ドライヤーを充てる向きを変えていただくことをおすすめします。
大きいドライヤーで水分を飛ばし終わりましたら、水分が手につかないくらいの水分量でクルクルドライヤーを行います。
右サイド①、左サイド②、センター真後ろ③、右バックサイド④、左バックサイド⑤、前髪の三角形部分の6か所根本を行っていきます。全て上から裏側に3秒カウントずつあてていきブラシの幅分下に進み裏面が終わりましたら表面を行っていきます。
表面は下から上に積み重ねていく感じです。両面終わりましたら終了です。
これを①~⑤まで行っていき、最後に前髪です。
毛先を丸めてよいスタイルでしたら最後毛先に熱当てをして終了です。
髪の艶は頑張ることで必ず引き出すことができ、一度傷んでしまった髪の毛はきちんとやって頂くのとお店の施術で必ず良くすることができます。なので皆様、面倒臭がらずに頑張りましょう!
これからも宜しくお願い致します。

次回に続きます・・・

新型コロナウイルスで一部ご予約を制限しております。
日中は施術に集中しているため、お電話にでれないことがございますのでご理解ください。
宜しくお願い致します。

 

MOON south – YOUTUBE CHANNEL
ムーンサウスのテクニカル動画もご覧ください

 

初めての方のご予約はお気軽に、ムーンサウスLINEでお待ちしております!

 

 icon-line LINEで予約

 

武蔵小杉 美容室 美容院 ヘアサロン ムーンサウス MOONsouth

関連記事

Archive

PAGE TOP